メールマガジン

メールマガジン⭐︎柔軟魂

【第5号】クシャミの正しいやり方 腰痛の方へ

更新日:2016.01.21

今回は、

【クシャミ】や

【咳(せき)】

の正しいやり方です。

腰痛がある人・
ぎっくり腰を経験したことがある人

はお分かりでしょう。

【クシャミや咳をする際の
腰に響いて痛みがでる辛さ】

クシャミや咳は立った状態で行うと、
脊柱を介して腰に瞬間的にすごい圧がかかります。

花粉症の時期にムズムズするからといって、
スッキリしたいがために、

青空に向かって立ったまま
おもいっきりクシャミするのは 【最悪】

それにより【ぎっくり腰】になる場合もあります。

そのぐらい、クシャミや咳は

腰椎(腰の骨)や

腰の周りの筋肉

に負担をかけます。

腰痛の心配がない人も、
やる度に負担をかけています。

腰が悪い人も、そうでない人も
常日頃から腰に負担をかけないことが

【腰痛予防】につながります。

クシャミや咳をする際の一番いい方法は、

■【椅子に座ってやる・
又はその場にしゃがんでやる】

(立っている状態でしたら、瞬時に座る)

です。

次にいい方法は、

もし立っていたら

■手すりに両手でつかまる・
 又は壁に両手をつく

です。

そうは言っても、
クシャミや咳は突然やりたくなるものです。

もし立っている状態で
上記の2つのことができない状況の時は、

■両方の手のひらでお腹に圧をかけて押さえる

すると、腰だけではなく、

「お腹と腰」でその瞬時にくる圧を
受けることができ、負担を軽減できます。

上記の3つのやり方を常日頃気を付けていると
自然とできるように習慣化します。

クシャミや咳を甘くみていてはいけません。
ご自身の腰は、ご自身で守ってください。

また、腰周りの筋肉が凝り固まっていると
そのような負担がかかると、

【ぎっくり腰】
【腰   痛】

の原因になりますので、やっぱり普段からの

【ストレッチ】

で筋肉を柔らかくしておく必要があるのは

当たり前です!!

骨盤周り・腰周りの筋肉は
自分一人ではやれないことが

「パートナーストレッチ」では
できることが沢山あります。

当店「ストレッチ屋さん」で
皆さんのカラダのケアばっちり行いますので

今週もご来店お待ちしております!!

このメルマガはお客様とストレッチ屋さん代表とのコミュニケーションツールでもあります。
皆様からのご意見、ご要望を是非お寄せください。
(例:急な腰痛になった。対策は?寝違えた時の対処方は?店舗への苦情・リクエストなど)

アドレス:jyunan@stretchyasan.com

メルマガ一覧に戻る

ご予約はお電話で

◆恵比寿本店
予約電話:03-3770-6505
※ご予約優先
全 日:11:00-23:00
最終受付 22:30
渋谷区恵比寿西1-1-2 6階

店舗案内・地図

◆新宿南口店
予約電話:03-6276-0927
※ご予約優先
全 日:11:00-22:00
最終受付 21:30
渋谷区代々木2-7-4 3階

店舗案内・地図

採用
女性支援
  • 特別インタビュー
  • アロマセラピスト&ストレッチ屋さん 田村 佳代
  • ジムトレーナーからストレッチ屋さん 田中 徹
  • ストレッチ屋さん ブログ
  • ストレッチ屋さん facebook
  • ストレッチ屋さんの広告を総合プロデュース 事業の広告支援ならJump Startへ

◆各種メディア・営業等の
問い合わせ先

代表電話:03-6427-0338
info@stretchyasan.com